• HOME
  • Jokanスクールについて

Jokanスクールについて

クレド
-精神

私達が最も大切にする物は「人の心」です。私達の言動の源は「愛」です。「愛」は寛容で、情け深く、偉そうにせず、人をねたまず、無作法をしないものです。そして、「愛」には優しさと厳しさがあると信じています。

-活動目標

歯科衛生士の卒後研修グループとして日本一を目指します。一社会人として歯科医療職として、品格のある人間を育成します。
人間性・知識・技術、三つのバランスを大切にします。歯科衛生士として患者様の口腔内の回復、維持できる人材を育てます。すべての結果は患者様の利益によって計ります。進化し続ける組織です。Jokanスクールは生きています。

入学式

Jokanスクール 入学式

  • 1.開会の辞
  • 2.Jokanスクール クレド 唱和
  • 3.来賓紹介
  • 4.院長先生(受講生勤務先) 紹介
  • 5.Jokanスクール校長 上間京子ご挨拶
  • 6.Jokanスクール講師 自己紹介及びご挨拶
  • 7.Jokanスクール ファームグループ紹介
  • 8.受講生 自己紹介
  • 9.閉会の辞

基調講演業界の先生方の基調講演を行っております

カリキュラム

下記カリキュラムは、Jokanスクールのカリキュラムです。実際に行うカリキュラムとは異なる場合がありますので、受講を希望する場合は都度ご確認頂くよう宜しくお願い致します。

<インスツルメンテーション基本>上間京子以下講師、アシスタント講師、サポーター【特別講義】=テスティングの重要なポイント=フェイスの並行性を体感する体得する
・グローブの重要性と選び方 ・スケーラーの持ち方 ・テストスティックの持ち方 ・術者用椅子の座り方 ・シャープニングの手順 ・シャープニングの実際 ・角度表の作成

<シャープニング>上間京子以下講師、アシスタント講師■シャープニング実習
・テスティングの理解と実際 ・テスティング能力を養う(感覚の養成) ・「切れる」を知る ・シャープニング訓練

【特別講義】=角度の重要なポイント=人間の目の錯覚を理解する
・遠心用のシャープニング ・原型を見る目を養う ・原型維持のために(原型を守る・変形スケーラーの修正)

<マネキンによるSRPトレーニング>上間京子以下講師、アシスタント講師・今月の目標シート、トレーニングシートの説明
・使える手を作るための基礎トレーニングパート1
・使える手を作るための基礎トレーニングパートⅡ
※質の良い基礎トレーニングをしてもらうために


【特別講義】=第一シャンクと根面の重要なポイント=スケーラー操作の核心を学ぶ
■マネキントレーニングの実際(実習)
※基本的にSRPテキストの21ページにそって実習を進めます。
・各パートごとに上間京子のデモ(写真撮影・ビデオ撮影は自由です)
・徹底実習(基本的に5人の受講生に対して3人の講師を配属します

<症例作成>上間京子以下講師、アシスタント講師■作成のための資料 「症例作成の手引き」 「作成のタイムマネジメント」 「作成シート」 「スライド割シート」
※初めて症例を作成する方でも出来るようにシステム構成されています。

≪テスト≫・セルフチェック(テストに準ずるもの) ・感染防止対策テスト(2日目) ・シャープニング=基礎知識=(2日目) ・シャープニング=確認テスト=(4日目) ・中間期達成度テスト(筆記と実技) ・最終達成度テスト(筆記と実技)