2018.10.26更新

皆様、こんにちは。
Jokanスクール アシスタント講師の工藤 彩加です。
すっかり実りの秋を迎えました。
先日いただいたお食事からも季節を感じられました。
このような工夫に感動します。
20181025
さて、前回は私の決意・決断についてお伝えしました。
今回はその続き。
「歩み始めた1歩」についてです。
転職の道を断った私は、歯科衛生士人生の新たなステージのスタートです。
しかし、一体どうしたらいいものか?
何をどうしたら良いのか全くわかりません。
ですが、“歯科衛生士としてブレない技術を身につけ自信を持ちたい。”
その思いだけは明確にありました。
なんとなーく将来こんな歯科衛生士になりたいという像をイメージして
「・・・とりあえず、聞いてみよう!」そう考えたのです。
誰に?って感じですよね。。。(笑)
母校の専門学校を訪問し、知り合いの歯科医師に、勤務先の院長先生に、友人に、たくさんの方々に
「私、もっと歯科衛生士として極めたいです。将来はどういう形になるか分からないけど、独立したいんです。どうしたらいいですか?」とたくさん、たくさん情報を収集しました。
正直聞くのも怖かったです。
「無理でしょ」と言われる言葉や「何言ってるの?」と笑われる事も覚悟していました。
でも聞かないと、行動しないと、何も変わりません。
私の相談に乗ってくれた方々は、私の気持ちを否定する人なんて、誰一人いませんでした。
たくさんのアドバイスをもらいました。
「私は分からないけど、この人に会ってみるといいかも。」とご縁を繋いでくれる方もいました。
「人と人が繋がる」という事を知れた瞬間でした。
そのたくさんの情報収集の時期に「Jokanスクール」のことを知りました。
「ん?1年間のコース?人間性?知識?技術?」
「ベーシックが終わるとアドバンス?指導者養成コース?」
「これだ!!!」直感です。
Jokanスクールを知ったのは2016年3月の半ば。2016年度のスタートは4月です。
受付なんてとっくに終了している時期です。
ですが、居ても立っても居られない私は、翌日に事務局に電話をしていました。
「2016年度での入校希望です。広島でも埼玉でも入校できるようであれば、どこへでも通います。キャンセル待ちでも、来年の予約でも可能であればお願いします。」
そのような事を事務局にお伝えしたのを今でも覚えています。
上間先生に確認してからとのことで、返事を待ちました。
翌日「可能であれば2016年度で受け入れますよ。」とお返事が!!
本当のギリギリ滑り込みです。
まさかすぐに入校できると思っていませんでした。
知って、行動して、入校できることになるまでにたった数日。
起こるべくして起こったことなのか?とご縁とタイミングになんとも言えない気持ちでした。
受け入れてくださったことに本当に感謝です。

目標に向かい1歩を踏み出しました。
この続きはまた次回。
最後まで目を通してくださり、ありがとうございます。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

何でも気軽にご相談ください

当スクールで「歯科衛生士として成長したい」
「次の世代の育成に情熱を燃やしたい」と
次のステージに向かっていこうとされている方を応援いたします。

  • 24時間受け付けております メールお問合せはこちら24時間受け付けております メールお問合せはこちら
  • 講師Blog
  • 応援の声
  • PLUS PICTURES
  • Facebook
  • メールお問合せ