2022.11.04更新

皆さま、初めまして!
Jokanスクール指導者養成コース生の井上澄香と申します。

 

秋も深まり、日が短くなってまいりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

私が今こうしてJokanスクールで学びを続けている理由についてお話したいと思います。
私は〝歯科衛生士〟という仕事が大好きで、患者さんからも「井上さんはいつも楽しそうだね」と言われるほど、楽しく仕事をしております。まさに天職なのです!

 

好きな仕事をしている。それだけで、幸せなことなのですが、時々、患者さんから「これからもお願いね」「ずっと井上さんにお世話になるわ」と言っていただけると、嬉しい反面、ずしっ!と責任感がのしかかります。

 

「私はずっとこの患者さんの口腔内を守れるだろうか?」
ふと、不安になることがありました。

 

これまでもたくさんの研修に参加しては、SRPやシャープニングを学んできました。しかし、その時は「できるようになった!」と思っても、結局のところ身についていきませんでした。

 

原因ははっきりとわかっています。
〝継続していないこと〟
体得するまでトレーニングを続けていなかったのです。

 

Jokanスクールではそんな私でも継続できるようになっていました。
一年間のカリキュラムは基礎トレーニングから始まり、マネキンなどの技術、知識、上間トークでは人間性まで教わります。初めて症例作成も行いました。私は毎月の研修が楽しみでなりませんでした。

 

また、向上心のある素敵な仲間に出会えました。他府県から通っている仲間に毎月会えるのも私のモチベーションアップに繋がりました。

 

休日にマネキン練習をしているときに、受講仲間にメールをしてみると、同じく医院でマネキン練習をしていてお互い励まし合うことも度々ありました。

 

そんな仲間から研修の終わりにとても嬉しい言葉をいただきました。

 

『Jokanスクールで井上さんに出会えたことが、私の宝物です』と。
私も同じ気持ちでしたので、本当に嬉しかったです。

 

2人で一緒にもっと上を目指そうと、早々とアドバンスコースを申し込みました。

 

毎日のトレーニングは楽なことではありません。でも、こんなにたくさんのことが学べて、知識、技術を身につけられ、こんなに素敵な仲間に出会えて、私は大切な宝物を手に入れました。

 

きちんとキュレットに刃がつくようになり、とれた!歯肉がきれいになった!と喜べるようにもなりました。ここで学んだ技術を落としたくないのでずっとトレーニングを続けています。

 

私は上間先生をはじめ、講師の先生方にも憧れを抱き、こんな女性になりたいと強く思うようになり、今に至ります。

 

私のように悩んでいる歯科衛生士さんはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
2023年度のJokanスクールもどんどんお申し込みをいただいており、残りのお席も限りがございます。お申し込みはお急ぎくださいませ。

 

〝Jokanスクールはパワースポット〟と言う方がたくさんいます。私にとっては〝心のオアシス〟でもあります。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.10.01更新

皆さん、こんにちは。
はじめまして、Jokanスクール指導者養成コース生の坂口智世です。

私は、現在育休中です。
初めての子育てに日々奮闘しています。
子育ては私が想像していた以上に大変でした。
子どものこと意外に何もする余裕がありません。

 

そんな中、私が気にしていたことは、「みんなに置いて行かれる・・・」
子育てで手一杯で、気持ちだけ焦っていました。
歯科衛生士として、周りはどんどん練習してスキルアップしているのに、今何もしていない自分はダメだ、ほんとうにダメだと悩みました。
「私は今、成長しないといけない」と考える気持ちと、「子育てと歯科衛生士の両立は出来ない」と思う気持ちで、とても苦しかったのです。

 

しかしある時、Jokanスクールで学んできたことを思い出しました。
技術は勿論たくさん学びましたが、それ以外のことも本当にたくさん教えて頂きました。
その中で、上間先生のお言葉、
「私が皆さんに遺したいもの、受け継いで欲しいもの それは誇りを持つこと」
「自分はこうなりたいという想いを持っていれば、いつかは必ず行動できる」

 

このお言葉からJokanスクールに入校したときの自分を思い出し、自分の仕事、今の自分に誇りと自信を持って今出来ることに力を入れていこうと思いました。
これまでベーシック、アドバンスとコースを進み、たくさんのことを勉強してきましたが、
上間先生の「誇りを持つこと」、何度もこの言葉に救われました。

 

私は上間トークが大好きです!
(指導者グループのグループlineで先生はたくさんのことを語ってくださっています)
今でもこのline上間トークからたくさん学ばせて頂いています。

 

こうして子育て中もJokanスクールと繋がりが持て、繋がりの大切さも改めて感じています。お読み頂き、ありがとうございました。

te

 

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.09.15更新

平素より、Jokanスクールをご支援下さいまして誠にありがとうございます。

こちらに、2023年度のJokanスクール

【ベーシックコース】【アドバンスコース】のパンフレットをご案内いたします。

2023年、創立20年を迎えるプレミアムyearのベーシックコース・アドバンスコース  

お申込みはトップページよりお申込みフォームからお願いいたします。

(10月3日(月) 13時よりお申込み開始です)

※当日までお申込みフォームにアクセスできませんので予めご了承ください。

*お申込みは先着順となりますので、ご了承ください。

※2023年度は 68期・69期・70期の3クラス 

定員数 各期6名 総定員数18名ございます。

ご質問等ございましたら、当ホームページ内のお問い合わせフォームよりお伺いいたします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

<2023年度Jokanスクールパンフレット>

2023パンフレット

 <ベーシックコース日程表>

日程

<アドバンスコース受講案内・日程表>

アドバンスコース受講案内

 

<ベーシックコース受講に関する同意書>

同意書

 

 

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.09.10更新

皆様、はじめまして。
Jokanスクール研修サポーターの
東梨花と申します。

9月になりましたが、
まだまだ暑い日が続いておりますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、2016年度にJokanスクールを受講し
指導者養成コース生として学んできましたが、
私には今1歳の息子がおります。
育休も終わり、母として歯科衛生士として
二足のわらじを履き日々奮闘中です。

さて、こんな育休中の私ですが
忘れられない心に響いたお話を一つさせていただきたいです。

わがまま

皆様どんなイメージをされますか??

ある時、上間先生にわがままには2種類あることを教えてもらいました。

☆人を困らせるわがままと、
★甘えてもいい、人を困らせないわがまま

私の中では、わがままは人を困らせるもの
そんなイメージしか頭にありませんでした。
そんな時上間先生がおっしゃいました。

時には甘えても人を困らせないわがままがありますよ、と。

育児と家事をこなす日々。
育休中、社会から置いていかれるような
焦りで心がいっぱい
そんな時に先生から声をかけていただいたのです。

「私も、スケーラーのチェックをしていただけませんか?」
「オンラインセミナーでなら参加できそうなので参加させていただけませんか?」

上間先生からお言葉で、
自然とこのような言葉が口にできました。
以前の私だと、育休中なのにこんなことを言ったら迷惑かな?と遠慮していたはずです。

もちろん子どもが小さいので
今までのようにはいきませんが、
こういったことを伝えることが
甘えてもいいわがままだと知ることができました。

皆様もこんな現状だからどうせ無理だ。
と考えてしまうことはありませんか?

どうせ無理だと言葉に発してしまった時点で本当に無理になってしまいます。

できないからどうしようもないと考えるのではなく、
こんな時だから私にできるものはないのか?と考えることができますね。
長くなりましたが、
これからも歯科衛生士として母としてわがままを許してもらいながら成長していきたいと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Jokan研修サポーター 東梨花

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.09.01更新

平素より、Jokanスクールをご支援下さいまして誠にありがとうございます。

第1回の開催は満席、好評を頂き、第2回の開催のご要望も多く寄せられました 

第2回 2022年度のJokanスクール名古屋塾

【基礎から学べるシャープニング入門 2日間コース】をご案内いたします。  

お申込みはトップページお申込みフォームもしくはパンフレットのQRコードからお願いいたします。

《お申込み期限は9月25日(日)迄  定員 10名》

*お申込みは先着順となりますので、ご了承ください。

(mailの対応は24時間以内とさせていただきますので改めてご了承くださいませ。)

※満席になり次第お申込みを終了させていただきますので予めご了承くださいませ。

※こちらのセミナーは実技実習がございます。

ご質問等ございましたら、当ホームページ内のお問い合わせフォームよりお伺いいたします。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

Jokanスクール名古屋塾  動画 シャープニングの重要性を観る

 

名古屋塾のサイトで第1回 参加者の声を観る

 

中部・東海地区の方必見!その他の地域からも参加可能です。

今、お悩みの歯科衛生士の皆様

2日間のコースで縁下歯石がとれる歯科衛生士になりましょう!

※参加者全員に3万円相当のJokanスクールオリジナル教材をプレゼントします。

<パンフレット>

パンフレット

パンフレット

 

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.08.28更新

皆さま、初めまして。
Jokanスクール指導者養成コース・サポーターの星原優香と申します。
今年で、歯科衛生士歴9年目となりました。

 

Jokanスクールで得た私の一番の学びは、
『諦めないこと』です。

 

当時勤務先で患者さんを担当させて頂いていましたが、歯周治療の要である縁下歯石が思うように除去できずにいました。

SRPを終えて再評価をしてみると、沢山取り残した歯石があることに気づきガッカリする・・そんなことが続いていました。

私を信頼して通院してくださる患者さんに対して私はこのままでいいのか?と悩んでいました。

 

そんなところに、Jokanスクールのチラシが目に入りました。
私は「縁下歯石が取れるようになりたい」という目標を持って入校の決意をしました。

 

Jokanスクールでは、持ち方やフォームなど基本から丁寧に教えてもらいました。
しかし、頭では理解していても身体はなかなか思うように動きません。
歯科衛生士になって、こんなに苦労して練習したことはありませんでした。
出来ない自分が悔しくて、涙が出ることもありました。
私にはもう出来ないのでは?と途中で諦めそうにもなりました。

 

しかし、これではいつまで経っても縁下歯石の取れる歯科衛生士にはなれない!これじゃダメだと何度も自分を奮い立たせ、練習に励みました。

 

人にはそれぞれの成長曲線があります。

 

はやく上手くなる人もいれば、出来るようになるまで時間がかかる人もいます。
出来なかったことも諦めずに練習を続けていれば、必ず出来るようになる日がきます。

 

私は体で覚えるまで、100点満点を取るまで、とても時間がかかり本当に苦労しました。

シャープニング

 

『時間をかけて習得した技術は一生物』

 

険しい道のりも諦めずに手に入れたこの技術は、私の一生の財産となると信じています。

 

受講生の皆さまも、今は出来なくても決して諦めず、自分を信じて練習に励んで下さい。
必ず!出来るようになる日がきます。


研修サポーター星原優香

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.08.07更新

皆さん、こんにちは。
Jokanスクール講師の安達梨沙です。

 

8月に入り厳しい暑さが続いております。
いかがお過ごしでしょうか。

 

歯科衛生士7年目となる私のチャレンジをお話します。
私は2022年度よりJokanスクール講師となりました。
66期の担当講師、6月よりアドバンスコースのアシスタントを務めてさせて頂いております。
そして、6月、7月にJokanスクール講師陣の中で中部メンバーの松本さん、星原さんと一緒に「Jokanスクール名古屋塾 シャープニング2日間コース」のセミナーを行いました。
企画・集客・準備・開催に至るまで、初めての連続でとても充実した学びとなりました。
受講生の方々にも丁寧で分かりやすいと好評で、とてもやりがいを感じました。
これも上間先生とご縁をいただいた皆様のご支援をおかげです。深く感謝申し上げます。

 

「チャンスの女神には前髪しかない」


これはよく聞く言葉です。


“チャンスを掴んでチャレンジする!”


“行動する!”


動いてみて初めて分かる感じられることが多いです。
私のような講師一年目は研修開始の挨拶から緊張してしまい上手くできませんでした。
丁寧な言葉遣いや慣れない敬語も謙譲語、尊敬語、訳が分からなくなり話せなくなりました。
他にも新しい課題がたくさん降りかかってきて大変なこともありますが、とても充実感があります。

 

私はとても臆病で何度も石橋を叩いてやっと動ける、後ろの壁に隠れているような子供でした。
顔から転んで怪我をするので両親に「危ない!危ない!」と言われて育ちました。
「手に職があった方が良いよ」と母に勧められ、何となく歯科衛生士になった私でしたが、勤務しながら歯科衛生士のやりがいや達成感も少しずつ感じられるようになってきました。
歯科衛生士3年目の春にJokanスクールに入校し、ベーシック・アドバンス・指導者養成コースを経て今に至ります。
この歩みの中で益々歯科衛生士が大好きになり、誇りを持てるようになりました。

charenge

 

私はとても未熟で社会的経験量が足りません。上間先生に「これではいけませんよ。」とご指導頂くことも多いです。でも、チャレンジすることはとても楽しくて毎日が幸せです。
Jokanスクールはパワースポットです。
Jokanスクールでの感動や素晴らしさ、愛の輪を多くの人に広げていきたいです。

 

 

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.07.25更新

 皆さん、こんにちは。Jokanスクールアシスタント講師の松本はるみです。


 今年は驚くほど梅雨明けが早くて雨が多く天候不順、それでも屋外ではセミの大合唱が聞こえ、いよいよ夏本番ですね!

 

 7月10日は65・66期の研修5日目でした。少しずつ研修に慣れてきた受講生が、とびきりの笑顔で挨拶をしてくれるようになり、講師一同とても嬉しく感じています。

 

 今月の上間トークから、高濱正伸先生の「おさほうえほん」を使っての学びの時間でした。

おさほうえほん


高濱先生は「メシが食える大人に育てる」という理念の元、学習塾「花まる学習会」を設立されています。今回は書籍の中の「えがおでいること」をピックアップしての上間トークでした。

 

 突然ですが、「お作法」は何のためにあるのでしょうか。皆さん、考えたことはありますか?


この本の中には、「あいてを大切に思う気持ちを言葉や行動という形にして、その人に伝えるため」とあります。 

私はお作法の目的や理由を知ると、相手への愛にあふれていて優しい気持ちになります。


しかし、お作法は意外と難しいと思っています。例えば、今回のテーマの「えがおでいること」は楽しいときや嬉しいときはできますよね。

 

では、忙しかったり、イライラしたり、心が不安定な時はどうでしょうか。心の矢印が自分に向いてしまうと忙しさやイライラに焦点が当たり、笑顔どころか相手へ思いやることができなくなることはありませんか。


ここでちょっと立ち止まり、「この言動をしたら相手はどう思うかな?」と心の矢印を相手に向けることができたら、自分も周りも幸せになるのではないでしょうか。
 
 実は、この「おさほうえほん」は私どものJokanスクールの基本理念に通じることに気付きました。


<Jokanスクール基本理念>


私たちは口腔内の健康を回復し
維持できる歯科衛生士を育成します。
最も大切にするものは「人の心」です。
私たちの言動の源は「愛」です。

 

技術だけでなく、「人の心」を大切にして愛ある一人の人としても成長できるところが、Jokanスクールの素晴らしいところだと改めて感じた研修でした。

スクール風景

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.06.02更新

皆さん、こんにちは。

 

Jokanスクール講師の倉形亜優美です。
日差しが強さを増し、半袖を選ぶ日も増えてきました。
紫陽花が咲く梅雨入りももうすぐだと思います。

 

2022年度Jokanスクールは5月からリアル研修が始まりました。
4月は二日間続けてのオンラインを行いましたので、受講生の皆さんと直接お会いするのは今回が初めてのこと、とても楽しみにしておりました。

 

朝一番、受講生の皆さんが明るい声と満面の笑顔で
「おはようございます!」
と、研修センターの扉を開けて入って来られます。
私はこういうところがJokanスクールのすばらしいところだな~とつくづく感じます。

 

そしてピーンと緊張感の中、リアル研修初めての『上間トーク』
5月の先生のお話しテーマは、“器用不器用”でした。

 

第一声「皆さんは器用になることをしていますか?」

 

いきなりのこのお言葉に、私は器用不器用ということに対して勝手な思い込みがあったことに気づきました。おそらく受講生の皆さんも同じようなことを感じられたのではないかと思います。

 

上間先生の子ども時代から考えれば、信じられないほど便利な世の中になった今、手先を使うことがとても少なくなっています。自然に指先の感覚を養えることがどんどんなくなってきています。上間先生のおっしゃるとおりです。昔の子どもに比べれば、大きくなる過程で器用になることをほとんどしていないのです。

 

私たち歯科衛生士の仕事は“丁寧な手仕事、指先の仕事”です。
器用、不器用を考える前にこの感覚を養う必要があるのです。
だからトレーニングの量と質なんだと改めて気づきました。
分かっているようで分かっていない私でした。

 

上間先生のお話を聞いて私は元体操日本代表内村航平選手のことを思い出しました。
金メダリスト、日本が誇るトップアスリートです。
その内村選手が一番練習していたのは『柔軟』
技ではなく、柔軟です。
「簡単なことを美しく」
この言葉も忘れられません。
内村選手の技は美しい、上間先生の技も美しい。

 

皆さんは上間先生のスケーラーを持つ手の、SRPをする先生の足元から頭までのポジションの美しさを知っていますか?(何より先生はペンを持つ手が綺麗です)
私はこれが歯科衛生士の技の「美しさ」だと思います。
器用不器用ということを超えてトレーニングをし続けてきた人の結果だと思うのです。

 

私は、上間先生のような綺麗な手になりたい。美しい把持ができるようになりたい。
だからもう私、「不器用だから・・」は言いません。

研修

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2022.05.07更新

平素より、Jokanスクールをご支援下さいまして誠にありがとうございます。

こちらに、2022年度のJokanスクール名古屋塾

【基礎から学べるシャープニング入門 2日間コース】のパンフレットをご案内いたします。  

お申込みはトップページお申込みフォームもしくはパンフレットのQRコードからお願いいたします。

《お申込み期限は5月31日(火)迄  定員 8名 》

*お申込みは先着順となりますので、ご了承ください。

※満席になり次第お申込みを終了させていただきますので予めご了承くださいませ。

※こちらのセミナーは実技実習がございます。

ご質問等ございましたら、当ホームページ内のお問い合わせフォームよりお伺いいたします。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

Jokanスクール名古屋塾  動画 シャープニングの重要性を観る 

 

中部・東海地区の方必見!その他の地域からも参加可能です。

今、お悩みの歯科衛生士の皆様

2日間のコースで縁下歯石がとれる歯科衛生士になりましょう!

※参加者全員に3万円相当のJokanスクールオリジナル教材をプレゼントします。

<パンフレット>

表裏

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

前へ

何でも気軽にご相談ください

当スクールで「歯科衛生士として成長したい」
「次の世代の育成に情熱を燃やしたい」と
次のステージに向かっていこうとされている方を応援いたします。

  • 24時間受け付けております メールお問合せはこちら24時間受け付けております メールお問合せはこちら
  • 講師Blog
  • 応援の声
  • PLUS PICTURES
  • Facebook
  • メールお問合せ