2019.07.17更新

皆さん、こんにちは。
Jokanスクール講師の工藤です。
3連休はどのように過ごされましたか?

7月14日は研修5日目でした!
研修は午前、午後と分かれ8名の方が受講します!
そしてこの8名は、同じ時間を共に過ごし、切磋琢磨し合う仲間です。
私は研修を作り上げていくのは、この受講生による「氣」が大きいなと思っています。
・この時間で新しい知識を得て帰るぞ!
・出来ない事をできるようにしたい!
・ここをもっと教えてもらおう
この研修にむかうそれぞれの「氣」が受講生同士を刺激し合います。
「学びたい」から「質問」が生まれ、その質問から研修が「発展」します。
そして研修自体の「氣」が作り上げられていきます。
なので、私は受講生の方々が質問しやすい環境を作り出すことも講師の役割だと感じています。
今期は受講生の方々のニックネームを決めよータイムを設けてみました^_^
研修の休憩時間に、みんなで「昔どう呼ばれてた?」なんてワイワイお喋りするとワッと場が明るくなりました。
この前向きな雰囲気の中、それぞれのやる気が混じり合い研修が創られます。

ちなみにこの写真は自分が受講生だった時。
真剣さがみなぎっています。

 201907151

この時、真剣に向き合ったからこそ今の私があります。
受講生の皆さんにもそう思ってもらえるよう、
1回1回の研修をしっかりと創りあげていきたいと思います‼︎

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.07.01更新

皆さま、こんにちは。講師の中村和恵です。
歯科医院には感染対策を講じることが義務付けられていますが、どのようにしていますか。

Jokanスクールの年間カリキュラムの中に『感染対策』があります。今回は歯科医院における感染対策についてお話したいと思います。

 201907011

感染対策を考えるときに、まず大切なことは“患者や自分を感染から守る”ということです。
自分自身を守れない人は患者さんを守ることもできないのです。

 

感染対策の基本となるのは以下の内容です。

201907012

標準予防策とは「すべての人の血液、すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、および粘膜には感染性があると考えて取り扱う」という考え方を基盤に、全ての人に感染予防策を実施します。

歯科医療の特徴
①抜歯や歯周治療など観血処置が多い・・・血液と接触する機会が多い
②血液や唾液が飛散する・・・切削器具などの使用により、エアロゾルが発生する
③鋭利な器具、局所麻酔の注射針を使う・・・針刺しや切創が起こる可能性がある

このように血液や血液の混入した唾液に接触したり、飛沫を浴びる危険性が高い歯科医療。

感染は、使用した器材や手指を介して伝播します。
その対策は、感染物を伝播させないために感染経路を遮断することが重要です。

 201907013

感染経路の遮断で最も基本的なことは手指衛生です。
今年度は、一歩踏み込んで手指衛生を行う『手洗い設備』について講義をしました。

 

【手洗い設備のチェックポイント】

201907014 

日本の歯科医院の現状は、診療室のスペースの問題からシンクの数が少なく、小さなシンクが設置されているケースが多いと感じます。

水回りの管理も重要です
濡れているところには・・・
 微生物が増殖する・カビが生える・臭いが発生します。

 201907015

【スウェーデンの手洗い設備】
このように、床から離れた手洗いシンク、床に置かないゴミ入れは、床の清掃もしやすいですね。水滴やホコリが溜らない工夫で衛生管理が向上し、シンプルな清掃が可能になります。

 

次回は診療室を綺麗に保つ工夫についてお話ししたいと思います。

 

 

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.06.15更新

皆さん、こんにちは。
講師の工藤です。
日差しがどんどん夏らしくなってきましたね。
私は夏が大好きです。気持ちがワクワクしちゃいます。
皆さんはどの季節がお好きですか?

前回は「SRP」について投稿しました。
今回からはリアルタイムなお話です。

年間のカリキュラムが組まれ構成されているJokanスクール。
2019年度も4月より開校しました。
4月は修了・入校式から始まり、午後は早速第1回目の授業があります。
この日は上間先生から「セルフチェック」の授業です。
今の自分と向き合いながら進んでいくこの時間は、いつでも背筋が伸びます。
「初心、忘れるべからず」
日々を大切に過ごそうという気持ちが湧きます。
受講生たちも上間先生の言葉を一言も逃すまいとメモに書き留めていました。

5月は土曜日、日曜日と2日間連続の研修日です。
基礎を固める大事さについて、仕事道具を把持する手や指、持ち方について等、本格的な内容に入る授業です。
この2日間で、この1年が決まると言って、過言でないほど重要な時間です。
「わかって、できる」がモットーなJokanスクールなので、受講生たちが「わかった」と思ってくれる内容にするべくいつも真剣勝負です。
受講生たちの「あー!なるほど!!わかった!」
とパッと晴れた表情に出会えるときが何よりも幸せです。

 201906151

5月は上間先生の誕生日なので研修後講師陣でお祝いしました。
スクールとは一味違う上間先生に出会えるのも講師の特権ですね。
有意義な学びの時間をいただき、美味しいお料理に上質な時間でした。

201906152

今回は4月、5月についてでした。
最後まで目を通してくださり、ありがとうございます。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.06.01更新

201906011

私は29年間、歯科衛生士を続けています。

今日は歯科衛生士という資格についてのお話をしたいと思います。

「歯科衛生士」は私にとっては、当たり前の職業です。しかし日本では歯科衛生士という職業は、何をする職業なのか一般の人にあまり知られていないようなのです。

 

歯科衛生士になるためには、専門の学校に3年間(大学の場合は4年間)通い、国家試験を受けて資格を取得する必要があります。

201906012

『歯周治療をしているところ』

 

歯科医療や歯科予防の専門職であり、口腔衛生の専門家です。

しかし一般の人からは「歯科医院にいる看護師さん」「歯科医の横にいるアシスタントの人」「歯科医院のお姉さん」そんな言葉で表現されることも多いのではないでしょうか。

これではいったい何のための資格なのでしょう。

せっかく取得しても、これでは資格の意味を持っていないのではないでしょうか。

 

ではなぜ、歯科衛生士は一般的に知られていなのでしょうか?

その理由は2つあると私は考えます。

(理由①)歯科医療機関が患者さんに、歯科衛生士という歯科医療や歯科予防の専門職があることを伝えていないから。


(理由②)患者さんから見て、歯科衛生士に専門職としての重要性を理解されていないから。

この2つの理由ではないでしょうか。

================================

(理由①)歯科医療機関が患者さんに、歯科衛生士という

歯科医療や歯科予防の専門職があることを伝えていないことについて

================================


1つ目の理由である歯科衛生士は専門職であることを一般の人に伝えるためには、

・院内の掲示物・HPで紹介する。
・歯科医師から、国家資格を持った口腔衛生の専門家であることを直接患者に説明する。
・歯科衛生士自身が、初めて患者さんを担当するときには「本日、〇〇さん(患者さんの名前)を担当します“歯科衛生士の〇〇です”」と、自己紹介すること。

この3つが重要です。

201906013

『笑顔で挨拶・自己紹介をしているところ』

 

=================================

(理由②)患者さんから見て、歯科衛生士に専門職としての
重要性を理解されていないことについて
=================================

患者さんが歯科衛生士に専門職として重要性が理解されていない理由は

以下の3つに分類されると思います。

(1)歯科衛生士自身が専門の医療職だという意識が薄い。

 

医療職としての意識の一つに、身だしなみがあります。清潔感はもちろん医療を提供するにふさわしく身だしなみを整えることが大切です。歯科衛生士の中には身だしなみの意識が低い人がいる現実があります。

 

(2)専門用語を使って説明していない。

ポイントは専門用語を使って説明すること。

一見すると専門用語を使わないほうが分かりやすく親切だと思うかもしれませんが、患者さん自身は様々な情報や知識をある程度持つ時代になっています。

専門職である私たちは専門用語を使い、それを患者さんに分かりやすく訳しながら伝えていくのが重要です。そうすることで、患者さんに専門性が伝わります。

201906014

『専門用語を分かりやすく訳しながら説明』

 

(3)日々進化する新しい専門知識や技術を学び続けていない。


資格を取得した後にも勉強を続け、専門的な新しい知識や技術を身に付け続けることが重要です。それを怠っていると、古い知識や未熟な技術のまま、年齢を重ねただけの歯科衛生士になってしまうのです。

201906015

『專門知識を学び続ける受講生たち』

 

以上のように、資格を本物の価値として提供できる歯科衛生士が増えることで、患者さんの歯科衛生士に対する認識も変わるはずなのです。


先日、日本歯周病学会に参加してきました。沢山の歯科医師や歯科衛生士が勉強をされていました。改めて私自身も歯科衛生士としての意識をもっと高めなければという気持ちになりました。自戒を込めて今回の記事を書かせていただきました。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.05.15更新

皆さん、こんにちは。
講師の工藤です。
GWも過ぎ、過ごしやすい季節になってきましたね。
みなさん5月病になっていませんか?

前回は「上間トーク」と「シャープニングに」ついて投稿しました。
今回は「SRP」についてお話します。

前回、“ローマは1日にして成らず”とお伝えしましたが、これはスクールを受講している1年間になんども感じた事でした。
4月に入校し、本格的な研修を開始する5月。
正しいスケーラーの持ち方・テストスティックの持ち方・シャープニングストーンの持ち方など基礎的な事を学びます。
スケーラーの持ち方一つ正しさを追求するのがJokanスクール。
正しいポイントを伝えてもらうとすぐに把持できそうな気がしますよね?
ところが、指の力がないと正しく把持できないのです。
なのでまず、正しく把持できるよう指の力をつけるため基礎トレーニングから、地道に毎日取り組みました。
SRPのための本格的な講義が始まるのは6月ぐらい。
6月から12月ぐらいの半年間で、マネキンを用いてそれぞれの歯牙のSRP方法を習っていきます。
習った手法を実際の臨床現場に落とし込むことが上達の秘訣です。
実際、患者さんに対しSRP行った時に「パチッ」と1ストローク。
トレーニングの成果が発揮される日が来るのです。
あの縁下歯石をはじいた感覚は驚き、喜び、今でも鮮明に覚えています。

このようにスクールで習ったことを実際の臨床に落とし込み、繰り返し繰り返しトレーニングすることによって技術が向上していきます。
2016年の私は、寝る時間以外ほとんどの時間を診療所で過ごしたと言っても過言ではないぐらいトレーニングに没頭しました。
“もっと上手くなりたい、あの歯石をとれるようになりたい。”
この想いが自身のトレーニングと向き合わせてくれます。
何かを体得する時って、そのことに必死で練習を重ねませんか?
小さい頃の、逆上がり、コマなし自転車の乗ることなどなど。
それと同じように、大人になっても夢中で取り組めるものがあるって素敵だなと思っていました。
そして、一人ではくじけそうな事も月に1回スクールの仲間と過ごす時間の中で刺激や沢山のパワーがもらえます。
そんな日々は今振り返っても私の中で輝いていた年でした。

今日はここまでです。
次回からは2019年度のJokanスクールをお伝えできたらなと思います。
最後まで目を通してくださり、ありがとうございます。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.05.06更新

皆さま、こんにちは。講師の中村和恵です。

新年度も始まり、Jokanスクールも2019年度生が新しく入校しました。
皆、ドキドキしながら入校式の日を迎えたことと思います。彼女たちは一般の歯科医院に勤務しながら、1年間毎月1回、日曜日を使いJokanスクールの研修に参加しています。

歯科医院に勤務していると、患者さんからよくこんな言葉を言われます。「とにかく歯科医院が一番嫌」 どんなことが一番嫌かを尋ねると、「痛いから」「怖いから」治療での痛みに関する言葉がほとんどなのです。


私たち歯科衛生士は、口腔内で様々な器具を使いながら仕事をしていきます。口腔内には“歯”という硬組織の他に、“歯肉”などの軟組織もあり、“粘膜”に直接触れる仕事でもあります。歯石を取るための「スケーラー」という器具には、先端に小さな刃が付いています。それら先の尖った器具を、狭い口腔内で操作しなければいけません。


このデリケートな「粘膜に直接触れる」ということを考えると、歯科衛生士は究極の手技を持って器具を自在に操作出来るようにならなければいけません。


そのために大切なことが3つあるのですが、何だと思いますか?

全てのことに通じる基本でもありますが、まずは

➀「器具を正しく持つ」こと

口腔内で器具を自在に操作出来る持ち方の基本は「モディファイドペングラスプ法」です。歯科衛生士学校でも習う持ち方ですが、多くの歯科衛生士はこの持ち方が習得されないまま、自己流で仕事をしています。
201905061

2つ目に大切なことは

➁「レスト(固定指)を強化」することです

器具を動かす時に、手を安定させ力をコントロールする支点となる指のことをレストといいます。このレスト(固定)の指となるのが薬指す。薬指はもともと力が弱く、安全で確実な操作をするためにも、弱い薬指を強くすることが重要になります。

 

3つめに大切なことは

③「スケーラーの刃を研ぐ」ことです

歯石を取る時に使う道具のキュレットスケーラーは、歯科衛生士の命。刃の付いたキュレットスケーラーを作れないと仕事になりません。
201905062

刃のないキュレットスケーラーでは歯石を取ることはできないばかりか、力任せに器具を操作してしまい、その結果患者さんに痛みや苦痛を与える原因になってしまいます。例えば、よく研がれた包丁と、研がれていない包丁を想像してみてください。切れない包丁で肉や野菜を切るときには、かなりの力が要りますよね。一方、よく研がれた包丁で切る時には、力はさほど必要ではないのと同じで、適正に研がれているスケーラーを使うと、力任せに操作しなくてもよくなるのです。

 

 

これらの3つの大切なことに共通していること。それは指先(指頭(ゆびがしら))の強化です。繊細な感覚を養い指頭(ゆびがしら)を鍛える。このことが患者さんに痛みを与えない器具操作ができる秘訣なのです。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.04.17更新

皆さん、こんにちは。
講師の工藤です。
(2019年度より講師として関わらせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します!!)

前回は2016年度の修了入校式についてお話ししました。⇒ <前回のBlog>

今回はその後、入校してからのお話です。


いよいよ私の修行が始まりました。
Jokanスクールの研修は月1回決められた日曜日にあります。
人間性が育まれる「上間トーク」。
専門技術の習得を目指すシャープニングとマネキントレーニング。
人間性・知識・技術3つのバランスを大切にカリキュラムが組まれています。
そして研修後に提出が必須なレポート作成。
このレポート作成は、作成する大変さもありますが、得た知識をインプットするのにはとても大事になってくるものです。
今では自分自身のオリジナル教科書となり価値があります。

5月の研修からは盛り沢山の内容がスタートします。
一生涯、歯科衛生士と活躍できる手を作ることから始まります。
と言っても“ローマは1日にして成らず”と同じように簡単に手ができるわけはありません。
十分な指の力をつけるためのトレーニング方法を身につけていきます。
私は、指の力がつきにくく苦戦しました。

シャープニングについては、刃がついてるスケーラー、刃がついていないスケーラーを知った時にこんなにも違いがあったのかと愕然としたと同時に、今までの私が関わらせていただいた患者さん全員に謝りたい気持ちでいっぱいでした。
今後は絶対に切れる刃でSRPをしていくんだと心に誓ったのを覚えています。
今では一度使用したスケーラーをシャープニングすることは私の中では“当たり前”なこととなりました。

このようにスクールを受講し、“気付き”を得ます。
その気づきを臨床で活かし自分の “モノ”にしていきます。
まだまだ受講内容については、ブログを読んでくださっている皆さんも気になることがたくさんあると思いますが、今日はここまでです。


最後まで目を通してくださり、ありがとうございます。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.04.05更新

4月に入り、新しい門出の季節になりました。

先日、Jokanスクールでも2018年度生の一年間の研修が終わりました。

そこで本日は、Jokanスクールベーシックコースを終えた受講生の感想をご紹介します。

小さなお子さんの子育てをしながら歯科衛生士としても働いているSさんです。
Sさんの感想文には歯科衛生士として活躍する秘密が書かれています。長文ですが、最後までお読みくださいね。

 04051

04052

Sさんは、何年も前からJokanスクールを受講したいと思い、結婚・出産を機に受講に踏み切った女性です。

受講中のSさんの眼差しは、いつも真剣そのもの。私の目をしっかりと見て、正しく理解しようと集中していました。

一言一句聞き漏らさないようメモとペンを持つ彼女の姿は私の目に焼き付いています。決して目立つタイプではないSさん。これまでのキャリアや経験もある方ですが、技術の習得には基礎が大切であることを深く理解して、一から真摯に学んでいました。

 04053

最初はシャープニングやマネキンでの実習も思うようにできず、子育てをしながらの両立に何度も心が折れそうになる事があったそうですが、それを言い訳にすることはなく、共に頑張るメンバーにもプラスの影響を与えていました。

「真摯に学び、学んだことを素直に練習して繰り返す」このような姿勢こそが、伸びる歯科衛生士の特徴なのです。

【学んだことを活かせるようになるには】
せっかく頑張っても、練習をやめた途端に手に入れたスキルは、失ってしまうものです。
学んだことを自分のものにして活かせるようになるには、トレーニングを継続することが重要になります。

では、自己流にならず、どのようにすればトレーニングを継続できるのでしょうか?それにはトレーニングやスキルアップが継続できる状況を作り上げることが必要です。例えば、「これまで習慣にしていたトレーニングの時間を今後も必ず確保する」「後輩に教えながら自分も一緒にトレーニングする」「アドバンスコースを受講しステップアップを続ける」などです。私の場合、指導者養成コースに入り指導者へとステップアップを続けたことがスキルの向上・維持に繋がりました。指導者養成コースにチャレンジするというのもおすすめです。

Sさんは、更なる向上を目指し、スキル維持のためにトレーニングを続けると宣言しました。
学んだことを自分のものにして活かせるようになるには、スキルアップの手を緩めないこと。これこそが学んだことを活かせるようになる秘訣。活躍を続ける歯科衛生士は、スキルアップの手を永遠に緩めないのです。
Sさんのように努力を続ける歯科衛生士が育つことで、患者の口腔の健康が守られ、ひいては全身の健康が守れることに繋がっていきます。

いよいよ4月14日は、一年間頑張った歯科衛生士たちの修了式です。ベーシックコースを終え、それぞれが新たな出発点に立つ日にエールを送りながら、これからも彼女たちを応援し続けます。

 04054

「ベーシックコースに参加しているメンバーです」

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.03.25更新

皆様、こんにちは。
Jokanスクールアシスタント講師の田村愛です。
花の便りが聞かれる頃となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、3月21日に新大阪ブリックビルにて、Jokanスクール2018学習発表会が行われました。
関係者だけで170名もの方がお集まりくださり、会場は熱気にあふれていました。

201903251

習得カリキュラムの一つであるJokanスクールの症例作成は、治療経過や治療結果のみを発表するものではありません。
この一年、症例にまとめる患者さんにどう向き合ってきたのか、また自分自身とどう向き合ってきたのか。
そこから感じたこと、得られたこと。そして今後の目標…。
どの発表も患者さんとの間にストーリーがあり、患者さんを想う熱い気持ちに溢れています。
また、治療経過や治療結果のみでは感じることができない、
受講生ひとりひとりの人柄にも触れることができるとても感動的な発表の時間です。

日々の臨床の中で、
これほど一人の患者さんをじっくり取り組むことはないのではないでしょうか。
上間先生にアドバイスを頂きながら、患者さんとの関わり方を考え、見直していく。
技術的なことだけを学ぶのではなく、症例作成を通じて、歯科衛生士としての在り方も考え深めていく。
これがまさにJokanスクールの学習発表会です。Jokanスクールの魅力です。

今年の発表もとても素晴らしかった!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

2019.03.15更新

皆様、こんにちは。
月日の経つのは早いもので、昨年4月から始まったJokanスクールの研修も今月には終わりを迎えます。
3月21日に学習発表会、その後最終試験があります。

学習発表会では、受講生一人一人が15分の発表を行います。症例とそれに加えて一年間の学びや想いなどを発表します。
広い会場で100名以上の参加者の前での発表はドキドキです。
私が発表したのは2010年12月今から約8年前になります。
症例作成はそれまでにも経験があったのですが、そんな大勢の前で発表は初めてでした。
スライドを送りながら、自分の作成した原稿を読むことが精一杯、そんな感じでした。

201903151
Jokanスクールでは、一年かけて症例を作成していきます。
入校式の時に配布された「症例作成の手引き書」これに従って作成していきます。
まずは「症例選び・テーマの決定」です。担当患者様のお顔と口腔内を思い浮かべながら考えていきます。
症例が決まったら、その症例で何を伝えたいのかをまた考えます。
その次はデータの収集・整理と進めていきます。
毎月の研修時に上間校長が一人一人の症例を見てアドバイスをしてくださいます。
「アドバイスいただき、次回の研修までに修正をする」これを繰り返していきます。
約一年をかけて悩みながら、症例プレゼンテーションを作成していきます。
一年かけて一つの症例にじっくり向き合うこと、とてもいい勉強になります。
自分が見落としていたこと、患者様の想いなど気づくことがたくさんあります。
症例に加えてJokanスクールでの一年間の学びも振り返ります。
がんばった一年、そしてこれからの課題、自分はどうしたいのか?どうなりたいのか?
毎日仕事をして、子育て家事をして、忙しく時間が過ぎていきます。
「日常では振り返ることなく通り過ぎてくこと」それを振り返り、向き合い一年かけて、じっくり考える。
とてもいい機会になりました。
大勢の参加者の前での発表、これもいい経験でした。
がんばった一年、これは自分の財産になります。

今年度の学習発表会は来週です。
受講生の皆さんも、必死で頑張っていると思います。今は大変ですが、皆さんのかけがいのない財産になります。

皆さんの発表、とても楽しみにしています。がんばってくださいね。

ここまで、私のblogをお読みいただきありがとうございました。

投稿者: 一般社団法人Jokanスクール

前へ

何でも気軽にご相談ください

当スクールで「歯科衛生士として成長したい」
「次の世代の育成に情熱を燃やしたい」と
次のステージに向かっていこうとされている方を応援いたします。

  • 24時間受け付けております メールお問合せはこちら24時間受け付けております メールお問合せはこちら
  • 講師Blog
  • 応援の声
  • PLUS PICTURES
  • Facebook
  • メールお問合せ